浮気の法律的な定義とは

浮気の法的定義とは

浮気と言っても、それは、一人ひとり違うものでどこからが浮気で
どこまでは浮気じゃないと線引きするのは難しい問題です。
ある人は配偶者以外の異性と食事しに行っただけで浮気と思うかもしれませんし、
手をつないだだけで浮気と言う方もいます。
このページでは、法律の観点から浮気とは何かをご説明します。

 

 

まず法律の上では、「浮気」を「不貞行為」と呼びます。
この不貞行為とは、どういった行為のことを指すかと申しますと

 

配偶者以外の異性との肉体関係、つまり「性的交渉」があって初めて不貞行為と認定されます。
逆にいうと、肉体関係以外は不貞行為に当たらないということです。

 

不貞行為が発覚した場合、慰謝料の請求が可能です。
慰謝料の請求は、不貞行為をした配偶者とその相手に対して行われます。
慰謝料の金額としては、100万円〜200万円が一般的な相場になっています。
最高300万円で、離婚しない場合は20万円〜80万円と言われています。

 

しかし、この不貞行為の前から夫婦の関係が破たんしていた場合、例えば別居などの事実があれば例外的に慰謝料の請求が難しくなります。
また、結婚していることを隠して交際を行っていたり、脅迫的な関係を持った行っていた場合、その相手に対しての請求は難しくなります。